FC2ブログ

風の便り

船造りの合間に見た事、聞いた事、思った事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

言い訳?

他人のブログに触発されて”よし、俺もやってみるか”と始めたは良いがブログを上宰する人は、一にまめ、二に根気、三に閑人、四に、、、と要するに自分には、今現在その”資格が無い”と悟った今日この頃であります。

とはいっても、このまま退散するのも性に会わずとりあえず継続する事にしました。
今思えばツイッターなるものの方が良かったのかな等と、言い訳三昧の自分が惨めに思えてきます。
何故書けないのか?自分なりに分析してみると、何より気力ですね。
古希に近づくにつれ、体力も気力も日に二に衰え、なんて云う言い訳はしたくはありません。

最近、某オーナーとの会話に人間のスピリッツがよく出てきます。この間のニュースでインド人のヨガ行者の話が出てきて、40年も飲まず食わずでナンして人間は生きられるの?と議論風発。チャクラに存在するという人の魂とは?
そして、シャーマニズム、”AWAKENING to the SPIRIT WORLD"も付録のCDを聞くだけでも価値があるなんて云う文句に騙されて買ったはいいが、未だ読んでいません。

最近は、そろそろ仕事も縮小して行こうと考えていた折、地主の一方が、今年5月で契約を終了したいとの申し出が有り、今はてんやわんやの騒ぎです。とりあえずテントハウスを移設して、中のものをかたづけ、船をあっちこっちに移動して、未だこれからコンクリートをはつらなければなりません。

マー6月になったら少しは落ち着くだろうとの甘い見通しで、とりあえずブログ再開の宣言です。
  1. 2010/06/15(火) 17:03:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10/24 講演会のお知らせ

10/24(土)碧南ヨットクラブ・クラブ室にて
林賢之輔氏と目黒たみを氏を迎え、
「ヨット・航海・海」をテーマに講演会が行なわれます。

日時:H21年10月24日(土) 
   午後2時~6時まで
場所:碧南ヨットクラブ・クラブ室
   パーティー 参加人数により決定
費用:講演会¥3,000
   パーティー実費

チラシ
kouen.jpg
  1. 2009/10/07(水) 11:24:06|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TV出演:イイこと!&まるごとっ!いっぴん館

告知できませんでしたが、以下の番組で三河ヨットが紹介されました。

2009年7月13日 東海テレビ『イイこと!』
http://www.tokai-tv.com/iikoto_wk/20090713_iikoto_6544.php3

2009年7月19日~26日 キャッチネットワーク『まるごとっ!いっぴん館』
http://kamezo.cc/keyword/92042
  1. 2009/08/01(土) 13:55:20|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

# 遊びをせんとや生まれけん...........

遊びをせんとや生まれけむ
戯れせんとや生まれけん
遊ぶ子供の声聞けば
我が身さへこそゆるがるれ

有名な”梁塵秘抄”の歌謡である。
"遊び”と云う事を考える時にいつもこの歌が気になっていたのだが、改めて本を手に取り解説を読むと、いろいろな解釈があるらしい。
小生は単純んに"老境に入った人間が過去を振り返り、子供の頃の童心に憧れる歌と捉えていたのだが、どうも遊女の心理を歌ったものとの説が有力なようである。
字面を追う限りでは、小生が受け止めていたようにも読み取れるが、”遊びをせんとや......戯れせんとや.....”と終句”我が身さへこそゆるがるれ”とは、因果関係で結ばれ、第三句”.....声聞けば"がとりもつ三段論法で歌を処理するのは考えもので、詩形式は文法形式ではない!と手厳しい。

又、同じ”梁塵秘抄”にこんな一首もある。

遊女の好むもの
雑芸 鼓 小端船 
おほがさ 翳(かざ)し 艫取女(ともとりめ)
男の愛祈る百大夫

終いの句は意味深であるが、遊女が端船(小舟)を好んだのにはワケガありそうだ。
”法然上人絵伝”に"端舟に乗る遊女”という絵があり、上人が乗る"大舟”に向け”艫取女”と呼ばれる遊女の船頭と2人の遊女が描かれている。
この絵は、法然が船中にいると聞いた港第一の遊女が、日ごろの悩みを解決せんものと、岸から舟を漕ぎ出し大舟に向かう図である。
法話中のその場に小舟で遊女自らが乗りつけるというのも粋である。

時代が下って、江戸期には、大舟が”屋形船”となり、恐らく遊女を招き、飲めや歌への大パーティーを催したのであろう。

平安時代の貴族が、ヨーロッパの貴族と同じように、このように舟を使っていたというのにも興味をそそられたが、現代の日本の"キゾク”達は、いつからこんなに潮気のある風流な遊びから遠ざかってしまったのだろうか?

端舟に乗る遊女
  1. 2009/06/04(木) 18:43:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TV出演:特捜!板東リサーチ

6月10日(水)夜7:55~
CBCテレビ『そこが知りたい 特捜!板東リサーチ』にて
三河ヨットが紹介されます。

bando.jpg
  1. 2009/06/03(水) 18:58:51|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。