FC2ブログ

風の便り

船造りの合間に見た事、聞いた事、思った事

暑い夏

今年の夏もやけに暑い。太陽のせいか、それとも人間のなせる業で地球環境そのものが変質しているのか、科学者に解が出せないのだから、所詮素人の出る幕ではなかろう。
それにしても小生がまだガキだった頃、毎日夏休みの日記にその日の天候と気温を記録していた記憶があるが、猛暑と云っても33度、36度だ38度だと言った記憶は無い。
時々NASAの発表する宇宙情報を見ているが、太陽にモいろいろ不可思議な現象が現れているようだ。
太陽さまさまの地球が太陽とのバランスを壊したら人間などひとたまりも無い。
夏と言えば、青い空に白い入道雲が湧き、夕方には時として強烈な夕立に見舞われたものだが、近年都会に見られるゲリラ豪雨はチト違うような気がする。
ずいぶん昔、自作艇で本州一周の旅をしたことがある。
小網代を出て佐島の沖に差し掛かったとき、怪しげな黒雲に出会い、冷たい風と共に強烈な雨に出っくわしてしまった。
小田和湾にまだ未完成のマリーナがあるとの情報を得ていたので、視界も良くない海をひたすら陸に向かって走り、逃げ込んだのが今の佐島マリーナである。
とりあえず艇を岸壁にもやってあたりを見まわした所、明かりのついた喫茶店風の小屋が有ったので、挨拶をと思って行ってみる事にした。
ずぶぬれの若造が二人飛び込んできたのを見て、怪訝な顔で”どうしたの”と聞かれ、いきさつを話すとびっくりし、又すぐに”どうぞゆっくり休んでいってください”と親切な対応をされたのを今でも鮮明に憶えている。
翌日は、森繁泉さんが直々にボートを繰って沖に泊っていた”ふじやま丸”に案内してくださり、船長があの有名な畳敷きのオーナールーム等を案内してくれ、田舎のコジキヨット乗りにとっては過分な待遇を受けたことも、忘れられない旅の一こまである。
夏、青い空に、青い海そして白帆、ヨット。
今、友人がエスカルゴで本州一週の旅をしている。
昨日は丹後の伊根港。有名な向井酒造のポンツーンにもやい、美酒に酔う友人にしっかり楽しめよと声をかけた。
小生もいつかは又、とヨット稼業に携わりながら、今でも20代に見た夢を追っかけたいと想っている。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/25(木) 20:56:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
| ホーム | 船と船長の物語>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/07/30(火) 13:38:59 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikawayacht.blog86.fc2.com/tb.php/19-f36e8a64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)