FC2ブログ

風の便り

船造りの合間に見た事、聞いた事、思った事

ヨットの面白さ

ヨットの魅力って何だと思う?最近ヨットに憧れるというか、ヨットに乗ってみたいとか言う人がめっきり少なくなって、時々こんなテーマで話し合う事がある。
小生の場合は、たまたま入った寮の先輩がヨット部のキャプテンだった事で、誘われるままに体験したのが始まりである。
身近にヨットを持ってたり、或いはヨットの経験のある人がいなかったら、体験する事はなかなか難しいことかもしれない。
いまさら初体験の話をするのも恥ずかしいのですが、5月の北風がやや強かった日、追手の風を受け快調に走っている最中に、突然の沈、必至に起そうとしたのですが、センターボードが上がったままでは起すに起せず、浜に流されるのを待ってから対処しようとそのまま艇にしがみついていました。
これが3段ぬき新聞記事になってしまうのですが、いやはやとんでもない初セーリングでした。
本来の負けず嫌いの性格がそう導いたのか、別にそれに懲りる事もなく、そのままヨット部に入り、一丁前のセーラーを目指そうと思ったのが運の尽きだったのかもしれません。
ある程度操縦できるようになってから、友人とショートクルーズに出かけました。
その日の天候に恵まれ、程よい風を受けてのセーリングは今もって忘れません。その心地よさこそセーリングの原点だったと今でも思っています。
我がヨット部は、レースなどとは程遠く、創始者S先輩の作ったカデットディンギー(舵社のヨット工作法を見て自作)が始まりで、小生が入部した時には、横山晃氏のY-15、(155、241号)が出来上がっていました。
こういった経緯から、小生のヨットに対する興味は初っ端から、セーリングと、自作という組み合わせでスタートしたわけです。
ディンギー乗りから始まったセーリングは、県大会の開催、弘前大との交流、国体への出場と輪を広げ、卒業後は造船所へ入ったこともあって、SSCRからNORCの本格的な外洋レースへと取り付かれたようにヨットの世界にのめりこんでゆきました。
何がそこまで自分を駆り立てたのかと時々振り返ることがあるのですが、改めて問い詰めてゆくとまるで走馬灯のようにセーリングの一こま一こまが目に浮かび、それとその時同乗していた仲間との絶妙なコミュニケーションが思い出されます。
あの大島レースの夜のスピン戦、小網代カップでのディスマスト、そして華やかな鳥羽パールレースのスタート、ヨットレースには心を震わす魅力が一杯ありました。
ヨットの練習航海も、またレースの回航も絶好のクルージングチャンスで有り、知らない港へ入る時の緊張感もまた忘れられない思い出です。
ヨットを自在に操れる技量を身につけること、そしてそれこそ千変万化する海を乗り切って目的地へ無事たどり着く事、この行為そのものの中にヨットの全魅力があるのではないかと思います。
ヨットを友とする人生には、心から感動する場面に遭遇するチャンスがたくさんあります。
とにかく、いろいろヨットに乗って体験する事、後で振り返るとこれがヨットの魅力だったのかと思い起こす事を期待しています。
スポンサーサイト



  1. 2011/09/08(木) 21:10:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<船と船長の物語 | ホーム | 新しい波>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/11/07(水) 17:02:00 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikawayacht.blog86.fc2.com/tb.php/17-47c680eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)