FC2ブログ

風の便り

船造りの合間に見た事、聞いた事、思った事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

舟遊び

長らくヨット業界に籍を置いているといろいろな事が見えてくる。
何故ヨットなのか? ヨットマンを自称する人々は、海=ヨットであり、中々、海=海水浴orボートor水上スキー等と結びつけたがらない。
もちろん、自然の風を動力として、海上を自在に走り回るヨットの魅力は、他にかえがたいものが多々存在する。

小生もヨットの魅力にはまった頃、エンジン付のクルーザー型ヨット(正式にはセーリングクルーザーというのでしょうか)には何かなじめないものがあった。

ディンギーで初めて遠航し、本荘へ行った日の事は今でも鮮明に憶えている。
往路の牧歌的な風景を横目に見ての帆走、同航した船川水産のOBが流れてきたサケを拾い、魚の目を見てこれはまだ新しい、「食える」と快哉したこと、暗くなった海面をただひたすら燈台の灯を目当に帆走したこと、何もかもが新鮮で、心踊った日々を今でも再現する事ができる。

その後、造船所に入社してから、クルーザーのレースを識る様になった。
過酷なまでもの時化の海、時にはスピンの花を咲かせての競い合い、またレースの最中、デスマストをした事もある。暗くなりかけた相模湾のど真ん中で、仲間とマストを引き上げ、次々と追い抜いていく、仲間のレース艇をうらめしく思った事もあった。

バブルの崩壊と共にオーシャンレースは下火になり、いわゆるクルージングの魅力が、脚光を浴びだしたのもこの頃からではないだろうか。
かつて競い合った仲間達も年々歳をとり、新しいヨットライフに目を向けつつあった。

ヨットで魚釣り?なんて考えた事もなかったが、魚釣りもまた楽しく、知らぬ土地への寄港もかつてはレースの合間の息抜きに過ぎなかったが、宿に泊り、土地の人々と酒を酌み交わすのも、また新たな喜びと化していったような気がする。

近年、帆も揚げず、ひたすら寄港地へ急ぐヨットの姿を垣間見るようになったが、一抹の寂しさと共に、これでいいのだとも思う軟弱な自分を見て、日本のヨット界は歴史が浅かったのだなと思う今日この頃である。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/25(火) 17:55:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。