FC2ブログ

風の便り

船造りの合間に見た事、聞いた事、思った事

始めに

ヨット、ボートを造り始めて早や40数年になる。
最初はアマチュアビルダーとして、数隻のディンギーを製作、その中の一隻(フィン級)で国体に出場したり、本州一周を敢行したのも、もう遠い昔の事。

学校を卒業して、フツウのサラリーマン生活をしたのも数年で、職人の道を選んでから、いつの間にか40年という歳月が過ぎてしまった。

自らが設計し、製作し、レースに出て、優勝してみたいと、当初考えていた夢は、10年も経たずに実現してしまい、その後はもっぱらお客様の夢の船の実現に向けて、わき目もふらぬ毎日だったような気がする。

ユッタリと海で遊びたいという気が昂じて、ヒマになりつつあった日々を自らが乗る新艇の構想に費やし、"エスカルゴ"を生み出したのが3年前である。

どういう風の吹き回しか、試作艇が評判となり、艇は手放し、その後は、また相も変らぬ、お客様相手のフネ作りの毎日となってしまった。生涯現役は、自分の人生訓みたいなものだが、"エスカルゴ"の様に、のんびり、ゆったりが本当は今の自分の夢でもある。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/27(月) 16:52:43|
  2. 始めに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3